PROFILE

三 島  有 紀 子

Yukiko Mishima
映画監督/Film maker

大阪市出身。18歳からインディーズ映画を撮り始め、大学卒業後NHKに入局。「NHKスペシャル」「トップランナー」など市井の人々を追う人間ドキュメンタリーを数多く企画・監督。03年に劇映画を撮るために独立しフリーの助監督として活動後、『しあわせのパン』(12年)、『ぶどうのなみだ』(14年)と、オリジナル脚本・監督で作品を発表。撮影後、同名小説を上梓した。企画から10年かけた『繕い裁つ人』(15年)は、第16回全州国際映画祭で上映され、韓国、台湾でも公開。その後、『少女』(16年)を手掛け、『幼な子われらに生まれ』(17年)では第41回モントリオール世界映画祭で最高賞に次ぐ審査員特別大賞に加え、第41回山路ふみ子賞作品賞、第42回報知映画賞では監督賞を受賞し、好評を博した。ドラマでは、桜木紫乃原作の『硝子の葦』(WOWOW)を監督。

Female director and screenwriter Yukiko Mishima's career spans nearly three decades, having started by writing and directing human documentaries for television. Her first feature film, The Tattoer, was released in 2009 and is based on Junichiro Tanizaki's literary classic. Since then, Mishima had directed a further seven feature films, Bread of Happiness (2012) and A Drop of the Grapevine(2014) as well as A Stich of Life (2015) which was screened as part of the Japan Foundation Touring Film Programme 2017. Dear Etranger (2017), also one of the feature films in this year's Japan Foundation Touring Film Programme, is Mishima's sixth film which won the Special Grand Prix of the Jury Award at the 2017 Montreal World Film Festival.


映画
▶ 刺青 匂月のごとく(2009年) 監督
▶ しあわせのパン(2012年、アスミックエース) 監督・脚本
▶ ぶどうのなみだ(2014年、アスミックエース) 監督・脚本
▶ 繕い裁つ人(2015年1月31日、ギャガ) 監督
▶ 短編集 破れたハートを売り物に(2015年、KADOKAWAショウゲート)
▶ 「オヤジファイト」監督・脚本
▶ 少女(2016年10月8日、東映) 監督・脚本
▶ 幼な子われらに生まれ(2017年8月26日、ファントム) 監督
▶ ビブリア古書堂の事件手帖(2018年11月1日、角川/FOX) 監督
▶ Red(2020年2月21日、日活)監督・脚本

テレビドラマ

▶ D×TOWN「心の音-ココノネ-」(2012年8月10日・17日・24日・31日、テレビ東京)監督・脚本
▶ 石坂線物語「華の火」(2012年10月、NHK) 監督・脚本
▶ 中京テレビスペシャルドラマ「レディレディ〜トイレで泣いたこと、ありますか?〜」(2013年12月22日、中京テレビ) 監督(東京ドラマアウォード2014年ローカル・ドラマ賞受賞作品)
▶ ドラマW「硝子の葦」(2015年2月、WOWOW) 監督
▶ 連続ドラマ「KBOYS」(2018年10-12月、ABC朝日放送テレビ/GYAO!配信) 監督

ドキュメンタリー

▶ 街からの風〜冬・大阪・ロック歌手BORO(1993年)
▶ NHKスペシャル
 ▷『配達された幸せ』(1994年)
 ▷大震災から三週間〜この街で生きたい(1995年)
 ▷関西の惑星
 ▷青春探検
▶ ETV特集
▶ アジア発見
▶ ソリトン
▶ トップランナー

著作

▶ しあわせのパン(2011年、ポプラ社)
▶ しあわせのパンの季節(2012年、PARCO出版) 映画シナリオを収録
▶ ぶどうのなみだ(2014年、PARCO出版)
▶ ぶどうのなみだの風景(2014年、スペースシャワー) 映画シナリオを収録